化粧品ならオルビス/スキンケアミニセットで披露宴の準備をしましょう★


Top >  お料理編 >  フレンチの流れ

フレンチの流れ

まだまだ日本人には馴染みの浅いフレンチ、

どんな流れでお料理がすすんでいくのか、

イメージがわくと思うので、書いてみようと思います。


式場によって多少違うのですが、

ご了承くださいね!


まず席に着くと、

ショウプレートとよばれるお皿、

シルバー、グラスなんかが並んでいます。


ショウプレートが2枚重ねになっているところもあるでしょう。

下のお皿は、レイプレートと呼ばれます。


乾杯の後、ショウプレートが下げられて、

前菜が運ばれます。


お好きなドリンクもつがれます。

シルバーは両端から使用です。

これはきっとご存知ですね。。。


そして2品目、スープや軽めのお皿です。

パンは最初、もしくは、

このお皿が終わる頃に出てくるかと思います。


3品目、魚料理です。

このとき、白ワインがつがれます。


3品目までにレイプレートも下がっていることでしょう。

ここで出てくるのが、グラニテとよばれる氷菓子です。


シャーベットでもなくカキ氷でもない、

不思議な存在ですが、

魚料理から肉料理に変わる際の、お口直しの役割があるんですよ!


お味は、季節の果物で変わったりもするので、

ここも要確認ですね!


4品目、メインの肉料理です。

こちらは赤ワインですね。

ここまで進むと、両サイドのシルバーは全てなくなります。


このお皿が下げられると、デザートの出番です。


ショウプレートの上部にセットされていたシルバーが、

スタッフによって、サイドに下ろされます。


飲み物は温かいコーヒー、紅茶が主です。


この流れが、宴の進行と並行に進んでいくんです。

なんだかお腹いっぱいですね〜!

ちなみに、以下のような情報をお探しの方は、是非こちらをご覧ください
【結婚披露宴のプランニング中の方が見ている人気のページです】


ブライダルエステに行く前に知っておきたい情報

結婚式の2次会に芸能人を呼んでみたい方はこちら





         

お料理編

当日のお料理、ゲストの方へのおもてなしです。
自分達はほとんど食べられないですけどね、忙しくて...。

和食、フレンチ、和洋折衷、色々なメニューがありますが、
全てを試食して決められるわけではないので、なかなか難しいところです。

関連エントリー


フレンチの流れ
シルバー
シャンパン
アミューズ、もしくはオードブル
差し替えメニュー
ドリンク
デザート









Yahoo!ブックマークに登録