化粧品ならオルビス/スキンケアミニセットで披露宴の準備をしましょう★


Top >  お料理編 >  シャンパン

シャンパン

一般的な乾杯酒ですね。


お料理の流れからいくと、

食前酒でもあります。


シャンパンが乾杯酒とされるのには

ちゃんとワケがあるんですよ!


グラスにつがれると、

泡が絶えず出てきますよね。


その泡は、

絶えない幸せ、

絶えない祝福、

を意味しているんです。


シャンパンの代わりに、

スパークリングワインも多く使われます。


両者、どう違うのかというと、

どちらも同じ、

気泡性ワインなんです。


フランスのシャンパーニュ地方で製造されたものだけが、

シャンパンと呼ばれます。


ですが、お値段はだいぶ違いますので、

要チェックですよ!


ピンクのロゼシャンパンの乾杯も

かわいかったです。


では、和装をしている場合は??というと、

それでも、ほとんどがシャンパンで乾杯していたようです。


日本酒のほうが雰囲気には合っていますが、

シャンパンのほうが飲みやすい、というのと、

お料理との相性でシャンパンが選ばれます。


和食でも同様、

たまにビール乾杯を見かける程度でした。


なにより、

新郎新婦がグラスを合わせている写真は

定番だけどおさえておきたい一枚だと思いませんか??


とはいえ、乾杯酒に絶対の決まりはないんですけどね。。。


なかには、新郎新婦が

お酒が飲めないケースもあるでしょう。


ですが、杯を乾かす、乾杯、

飲めないのも寂しいですよね。


その場合は、カモフラージュで

ジンジャーエールがオススメです。


色も似ているし、泡も出ていますからね。


未成年ゲストに対しても同様です。


タンブラーのオレンジジュースで乾杯よりも、

大人とおなじグラスで、

見た目の近いドリンクのほうが、気分もいいですよ!


まぁオレンジジュースのほうが好きだったり、

炭酸が飲めなかった場合は、

このうえではありませんが…。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方は、是非こちらをご覧ください
【結婚披露宴のプランニング中の方が見ている人気のページです】


ブライダルエステに行く前に知っておきたい情報

結婚式の2次会に芸能人を呼んでみたい方はこちら





         

お料理編

当日のお料理、ゲストの方へのおもてなしです。
自分達はほとんど食べられないですけどね、忙しくて...。

和食、フレンチ、和洋折衷、色々なメニューがありますが、
全てを試食して決められるわけではないので、なかなか難しいところです。

関連エントリー


フレンチの流れ
シルバー
シャンパン
アミューズ、もしくはオードブル
差し替えメニュー
ドリンク
デザート









Yahoo!ブックマークに登録