化粧品ならオルビス/スキンケアミニセットで披露宴の準備をしましょう★


Top >  契約 >  値切り

値切り

前にも触れましたが、

値切るチャンスは

契約の判を押すまでが勝負!


まずはランクアップの可能性を

踏まえた見積もりを考えてください。


もともとある「○○プラン」

みたいなものから値引くのは

なかなか難しいんです。


そもそもそのプラン自体に値引きがかかっていて、

巧みな話術で特別感が出せるようになっています。


また、式場とは別の業者さんが入っているところ、

例えば、音響・映像費や引き出物代なんかは、

値切れない場合がほとんどです。


そして、大切なのは、

比較対照を持つことです!


迷っている!

という雰囲気は出し続けてください。


また、他会場と迷って、比較する場合、

ただ単に、値段をみるのではなく、

同じ敷居で比べるようにしてください。


その際のポイントは、


・ドレスのランク

・料理、ドリンクのランク

・装花のベース額


敷居を同じにした上で、

比較、交渉しましょう。


最後の手段、

他社の見積もりを見せてしまうのも

アリだと思います。


ほかにも、紹介者がいると

結構引いてもらえます。


ちょっと遠くても、

その会場を使用した知人がいるなら、

利用しないてはありません!


また、値引き以外にも、

おまけがつくこともあるんです。


それは、エステの無料券や装飾小物サービス、

ホテルがあるところなら、

そこの宿泊券なんかがあります。


もらえる余地のあるものは、

もらっておきましょう!


もう心の中で、「ここに決めた!」と思っていても、

まだ迷っている装いで、

最後の一声、一値切りをもらってくださいね。

ちなみに、以下のような情報をお探しの方は、是非こちらをご覧ください
【結婚披露宴のプランニング中の方が見ている人気のページです】


ブライダルエステに行く前に知っておきたい情報

結婚式の2次会に芸能人を呼んでみたい方はこちら





         

契約

前にも少し書きましたが、契約するまでが値切るチャンスです!

会場予約の際の比較
見積もりのチェック
落とし穴

このあたりに触れて見たいと思います!

いい契約から全てが始まります!
大抵どこの式場もちょっとの値引き幅はもっているもの!
さらにその逆、値段吊り上げのポイントを沢山かくしもってるんです。

関連エントリー


会場チェック
見積もりチェック 
値切り
値切りの裏話 









Yahoo!ブックマークに登録