化粧品ならオルビス/スキンケアミニセットで披露宴の準備をしましょう★


Top >  契約 >  値切りの裏話 

値切りの裏話 

プランナーも営業マンなんです。


つまりは、「成績の締め切り」

なるものがあります。


それは場所によって違いますが、

月末がやはり多いですかね。


この、締め切りが近づくと、

一件でも多い契約を取ろうと

必死になります。


値切るチャンスなんです!!


最終決定を、

この時期に持ち込むといいかもしれません!


ほかに、近い期日の契約のほうが、

より欲しい!という点。


例えば、半年先の挙式日は、

これからまだ予約を取る余地がありますよね。


ですが、2ヶ月先の挙式日は

なかなか契約がとれないんです。


やはり余裕をもって探される方が

多いですからね〜!


スタッフとしては、できるだけ予約を詰めたいわけですから、

まだ空いている近い日時の枠は、

埋めたくて仕方がないんです。


なので、急いで挙式準備をしたい方、

あせって予約は禁物です!


通常より値切りやすいんですよ〜!


こんな駆け引きもうまく使ってくださいね!

ちなみに、以下のような情報をお探しの方は、是非こちらをご覧ください
【結婚披露宴のプランニング中の方が見ている人気のページです】


ブライダルエステに行く前に知っておきたい情報

結婚式の2次会に芸能人を呼んでみたい方はこちら





         

契約

前にも少し書きましたが、契約するまでが値切るチャンスです!

会場予約の際の比較
見積もりのチェック
落とし穴

このあたりに触れて見たいと思います!

いい契約から全てが始まります!
大抵どこの式場もちょっとの値引き幅はもっているもの!
さらにその逆、値段吊り上げのポイントを沢山かくしもってるんです。

関連エントリー


会場チェック
見積もりチェック 
値切り
値切りの裏話 









Yahoo!ブックマークに登録